【足立区ボーイスカウト】隼章・菊章受章スカウト、25WSJ参加スカウトによる足立区長表敬訪問

さくら地区協議会主催で、富士・隼・菊の受章スカウト及び世界ジャンボリー参加スカウトを対象とする足立区長表敬訪問を初めて実施しました。残念ながら富士スカウトはおりませんでしたが、足立第5団より今年度受章した隼スカウト1名、菊スカウト4名、25WSJ参加スカウト2名が近藤やよい足立区長表敬訪問を致しました。

さくら地区より、杉田地区協議会長、杉野地区委員長、長谷川地区コミッショナー、永井事務長、吉田足立BSGS協議会事務局、足立第5団より中島団委員長、坂野VS隊長、長嶋BS隊長そしてスカウトの保護者にご参加頂きました(全参加者22名)。

足立区役所南館6階教育委員会室にて、長谷川地区コミッショナーより激励の言葉、吉田足立BSGS協議会事務局より、かねだ正足立区議会議員が紹介され、ご挨拶を頂きました。参加者の自己紹介及びスカウトへの面会要領を伝えた後、かねだ区議の案内で中央館7階にある区議会委員会室と議場を見学させて頂きました。

参加者の殆どが初めての経験であり、スカウトは議長席の座り心地を確認しておりました。区役所担当課である足立区教育委員会事務局子ども家庭部青少年課物江課長の案内で南館8階庁議室に移動、事前に準備されていた席次に従い全員着席。足立区側には、近藤やよい区長の他、足立教育委員会大山日出夫教育長、上遠野葉子子ども家庭部長、そして物江耕一朗子ども家庭部青少年課長が同席されました。

司会進行(永井事務長)の開始の言葉とボーイスカウトの進級制度と世界スカウトジャンボリーについて説明の後、杉野地区委員長よりお礼の言葉、坂野VS隊長よりスカウト紹介、受章スカウトからは進級挑戦への動機や受章までの経緯やプロジェクトの説明、今後の活動目標を述べました。近藤区長からは、スカウトの報告が終わるたびに質問や激励の言葉を頂きました。25WSJ参加スカウトからは応募した理由と参加の目的、活動及び交流した成果を述べ、交歓会で入手したグッズを披露しました。

近藤区長からは外国スカウトとのコミュニケーション方法や印象に残ったプログラム等について質問されました。受章スカウトも、25WSJ参加スカウトも、区長からの質問に対しては的確に答えておりました。

南館14階展望レストランにおいて茶話会を行い、杉田地区協議会長よりスカウトに激励の言葉、中島団委員長、坂野VS隊長、長嶋BS隊長より感想を述べていただきました。

最後となりましたが、今回の足立区長表敬訪問に際しご協力いただいた足立区教育委員会青少年課の皆様に感謝する次第です。

さくら地区事務長 永井 敏

特別応接室にて写真撮影

この記事の固定リンク

2023年度さくら地区ビーバースカウトラリーを開催!

『そなえあれば ふあんなし』と題し、さくら地区ビーバースカウトラリーを10月22日に実施しました。
当日は、スカウトおよびゲスト約120名、指導者および保護者約50名の総勢170名あまりが参加し、荒川河川敷を舞台にポイントラリーを楽しみました。
※参加団…足立3団、足立4団、荒川2団、荒川6団、台東2団、台東3団、台東4団、文京1団、文京5団、文京6団

(BVS副コミッショナーより)
今年(2023年)は、関東大震災から、ちょうど100年ということで、災害にちなんだラリーを開催しました。スカウトが、大学生や指導者と一緒に「しっぽ取り」を行っていると、「地震だ!全員その場に伏せろ!」と合図があり、ラリーが開始されました。

災害グッズを覚えるゲーム(キムス)・バケツリレー・避難所へ誘導するゲーム(暗夜行路)・担架リレー・防災に必要なものを考えるゲーム・防災サインを覚えるゲーム(神経衰弱)などのゲームを通して、災害について学びました。
久しぶりに大人数で作った「大きな輪」には迫力がありました。
実行委員長の文京6団今井隊長始め、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

この記事の固定リンク

【台東区ボーイスカウト】菊章受章および25WSJ参加スカウトによる台東区長表敬訪問

さくら地区協議会主催で、前年度の富士・隼・菊受章スカウトの台東区長表敬訪問を今年初めて実施しました。

初めてとなる今回は830日に実施し、残念ながら富士・隼スカウトは居りませんでしたが、台東第2団より菊スカウト1名が該当し、さらに今回は25WSJ参加スカウトもその報告のため台東第1団より1名報告の為、訪問しました。

受章スカウトからは受章までの経緯や日頃のスカウト活動への取り組みの説明、今後の展望などを区長へ報告し、懇談の場では区長から激励の言葉をいただきました。 WSJに参加したスカウトからは、第25回世界スカウトジャンボリーの期間では、人生の中で一番"自分"を出せたと思います。その中で世界の人たちと様々な関係を持てて物凄く幸せです。あと一年は開催地である韓国のセマングムで暮らせたと思いますし、私は一生の宝物をそこで手に入れられました!!と話が出て、区長からは生活する上で過酷であったのではないかと心配される声もありましたが、そこを乗り越えて活動でき、報道等で言われているほどの状況ではなかった報告をしました。

終始和やかな雰囲気のうち区長に予定して頂いた30分を超えて話が弾み、短い時間ではありましたが、スカウトにとって思い出に残る有意義な時を過ごすことができたと思います。

茶話会では、今回は大変貴重な体験をさせていただきありがとうございました。短い時間でしたが、これまでの活動を大変誇りに思うことができました。今後も区長からいただいた激励を糧に活動に励みます。とそれぞれが口にし、名誉あることと感じてもらえたかと思います。

また、台東区ボーイスカウト・ガールスカウト協議会からも大森和潮会長がご出席くださり、今後も引き続き多くの受章スカウトを育て、このような機会を例年続けていく必要があると感じました。

ボーイスカウト東京連盟さくら地区 副協議会長 岡田勇一郎

この記事の固定リンク

【文京区ボーイスカウト】隼章・菊章受章、25WSJ参加スカウトによる文京区長表敬訪問

文連協では毎年、前年度の富士・隼・菊受章スカウトの成澤文京区長表敬訪問を実施しています。

今回は828日に実施し、残念ながら富士スカウトは居りませんでしたが、隼スカウト3名、菊スカウト1名が該当し、さらに今回は25WSJ参加スカウトもその報告のため訪問し、さくら地区からは長谷川地区コミッショナーが参加してくださいました。

受章スカウトからは受章までの経緯や実施したプロジェクトの説明、今後の展望などを区長へ報告し、懇談の場では区長から激励の言葉をいただきました。 WSJに参加したスカウトからは、言葉の壁はあったものの、そこは若者同士、ボディーランゲージを交え、暑さや環境には報道されていたような過酷さも無く、世界友情を広めたようです。交換したグッズなどを区長に披露し、派遣隊副長から記念ネッカチーフを区長にプレゼントしました。

終始和やかな雰囲気のうち30分程の短い時間ではありましたが、スカウトにとって思い出に残る有意義な時を過ごすことができたと思います。

次回は是非富士章スカウトの訪問を期待する、との言葉もいただきましたので、文連協としても可能な限り後押ししていきたいと感じました。

文京区ボーイスカウト連絡協議会

幹事長    夏目 潔

この記事の固定リンク

ビーバー隊。合同集会『田植え』

さくら地区のビーバー部門ではお米とサツマイモの農業体験(苗植え・草むしり・収穫)を恒例行事にしています。今年度最初の農業体験の田植えを5月14日に実施いたしました。
 
当日は雨が降ったり止んだりの中で開催しましたが、スカウトおよびゲスト約50名、指導者および保護者約50名の総勢100名あまりが参加し、午前と午後の2回に分かれ大盛況でした。
 
※参加団…足立3団、足立4団、足立5団、台東1団、台東2団、荒川6団、文京6団
 
(BVS副コミッショナーより)
初めて田んぼに入るスカウトは、怖がっている様子がありましたが、一歩踏み入れると、「楽しい」に変わり、上手に苗を植えていました。
植えきれなかった部分は、新しく購入した田植え機を使用して指導者で植えました。秋の収穫が今から楽しみです。
 農家の方々、足立5団の団委員、その他ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

この記事の固定リンク

2023年度 さくら地区主催「基本野営技能章取得支援講習会」報告

2023 年度地区主催     基本野営技能章取得支援講習会

簡易記録報告

20235/ 3. 5. 禍明け前の実施展開足立舎人公園教育camp 場至

開催責任者進歩(SP)委員長~ のコメント

三指           

本行事は、杉地区委員長の声掛けより、云わずもか禍に於け3 3 ヵ月に及進級進歩の停滞により、何とか当地区も [ 最高位で有る 富士Scout ]の、排出至らぬ事かの 危惧より、教育部門 並びに、運営委員会も ため込んでいた企画を示し、VS 円卓会member が先ずは必須の技能章取得支援からと 立ち上がった! 調整計画を進めるに当たり、又 御案内も短い時間/都合付けるに苦慮する所 当委員会としては 技能章以外の事はしてくれるなとか注文を付けつつも、主催に当たって戴いた谷茂岡VS 担当副コミ(主任講師)も意を汲みつつベンチャー スパイスを効かせた、これを期に動機づけと成る様 5街道の名称を付けたチーム編成や、間髪入れずの細目§の時間割にも関わらず、小営火等も組み入れ、当委員会も誰もが心の中では目指す 楽しく技能の取得をの 導き戴き、好天にも恵まれ禍渦中では有りましたが、安全衛生を再認し恙なく終えた事は、地区関係行政各所 皆々様の御蔭で、大事なく終了の旨、ご報告と感謝を御伝えする次第です。
  最高位の富士スカウト章を目指し、心新たに個々の時間都合付く限り指導者達の支援を受け旅の準備は 続く
                    弥栄

       夕日が沈む前に、

   6.パイオニアリング章 (隼章に向け)  

入れ替わり立ち代わりは御座いますが、S24 名受講・支援指導者21   集合写真                                     作ったら、使う。 ピラミッド型信号塔

2023年度-地区主催-基本野営技能章取得支援-講習会-報告.pdfをダウンロード  

                             ※安全委員会視点による、写真記録はStaff Lineにて共有配信済み

2.野営管理賞(富士に向け)     1.野営章(菊に向け)      4.野外料理章(菊に向け)
・点検は、安全と秩序を育む      Adhocながら、皆仲良しいいね    皆が集まったら
大事なスキル             ・チームワークを育むツール     ワクワク パーティー!
座講~朝晩の点検 お疲れ様でした    家型テントもお手の物       細目全ての食材を使い 皆で食す
濾過器と共に水質調査もPJ風で     工作も久々ながらよくできた!!   ・鯵の開き 朝定 一夜干しも◎
展開してみた。          

この記事の固定リンク

さくら地区『富士スカウト章を目指すスカウトの集い』

4月23日(日)に「富士スカウト章を目指すスカウトの集い」が文京区内で開催されました。

コロナ禍の影響により スカウトの進級が停滞している状況に対して、富士スカウトの修得に組織的に取り組むという地区方針が出ています。
この集いは これに先駆けて行われ、富士スカウトを目指している隼スカウトに 強い意識付けと具体的なアドバイスをして励まし、さくら地区から富士スカウトを誕生させる取り組みです。

さくら地区の隼スカウト 3名に対して、富士スカウト修得者 3名による基調講演、進歩委員長から進級課目の効果的な履修方法の指導がありました。
そして 所属隊長からアドバイスを受けながら 今後の活動スケジュールをスカウト自身で立案しました。

この集いの計画・実施にご協力いただいた富士スカウト修得者・各隊隊長・地区役員の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

さくら地区コミッショナー 長谷川
 
※写真は基調講演・履修方法の指導の様子

この記事の固定リンク

2022年度パインウッドダービーさくら地区予選会

1月22日にPWDさくら地区予選会を開催し、個性豊かなパインウッドダービーカーが優勝目指して出走しました。各部門の1~3位は東京大会に出場です!

▼カブスカウトうさぎ部門
1位…文京1団 臼田(ゆ)
2位…文京1団 保田
3位…文京1団 臼田(り)
 
▼カブスカウトしか部門
1位…荒川6団 西浦
2位…荒川6団 榛澤
3位…台東1団 今井
 
▼カブスカウトくま部門
1位…文京1団 阿部
2位…文京1団 木村
3位…文京1団 倉前
 
▼最優秀デザイン賞
   荒川6団 西浦
 
▼組優勝
   文京1団 1組
 

この記事の固定リンク

ビーバー合同集会「かけぬけろ!上野公園大集合」

さくら地区ビーバー部門では、上野公園でポイントラリーを楽しみました。

参加有志団足立3団、足立4団、荒川2団、台東2団、台東3団、台東4団、文京6団

(スカウトおよびゲスト約80名、指導者および保護者約50名の総勢約130名が参加)

(BVS副コミッショナーより)

コロナ禍ということもあり、3年ぶりの合同集会になりました。

チームで協力してボールを運ぶゲーム・個人の集中力を高めるゲームなど、公園内にある「偉人たちの銅像」にちなんだ8つのポイントを、各団でチームを作り周りました。

スカウトたちは、「どうやって周ろうかな?」「こっちかな?」と地図を片手に歩いていました。

全てのチームが制限時間内にゴールし、最後には全員で「ぼくたち、ビーバー!」と合言葉で締めくくりました。

久しぶりに大人数で作った「大きな輪」には迫力がありました。

実行委員長の台東4団海老原隊長はじめ、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

この記事の固定リンク

ビーバー隊。合同集会『サツマイモ掘り』

さくら地区のビーバー部門では農業体験(苗植え・草むしり・根返し・収穫)を恒例行事にしています。今年度最後の農業体験サツマイモ堀りを有志団で実施いたしました。

当日は天候に恵まれ、スカウトおよびゲスト約50名、指導者および保護者約50名の総勢100名あまりが参加し、109日と、1016日の2日間に分けて行い大盛況でした。

サツマイモ掘り有志団足立3団、足立4団、足立5団、台東1団、荒川6団、文京3

 

(BVS副コミッショナーより)

今年は、一株から何本もサツマイモが育っていました。

「ここにもあるよ」「サツマイモ大きいな」とスカウトが笑顔でたくさん掘っていました。

芋がらをお味噌汁にした団や、12月のクリスマス会に向けて芋づるでリース作りを行う団があると聞き、今後の活動の楽しみも増えています。

農家の方々、足立5団の団委員、その他ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

この記事の固定リンク